デスラビッツとは? - WHAT IS DESU.RABBITS

笑いあり、涙あり、おじさんあり、の総合エンターテイメント集団。
えみ・ゆず・かりんと、レコード会社勤務のアラフォー部長による異色のユニット。
「アイドル紛争時代を生き抜く為には、俺がたたねばならない!」
と勝手に思い込んだ部長が、アイドルを目指す3人を言葉巧みに騙し、2013年に結成。
アラフォーおじさんと対立するお年頃3人娘の壮大なストーリー。

プロフィール - PROFILE

BIOGRAPHY

<< EMI >>

両親の影響で歌に慣れ親しみ、ミュージックスクールに通い美声少女として注目された幼少期から、今や一度聴いたら忘れられない声としてグループのボーカルを牽引するにまで成長したDESURABBITSのボーカリスト。

<< YUZU >>

キレのあるダンスとグループをまとめるトークスキル。LIVE以外にも数々の舞台での演技や配信番組でのMCもこなす、マルチプレイが魅力のDESURABBITSのリーダー。

<< KARIN >>

周りをやみつきにする、独特な世界観とおっとりキャラ。しかし、弾き語りへの挑戦や核心をついた言動で観客を驚かせる事もある、DESURABBITSのムードメーカー。

<< BUCHO >>

190cmオーバーの巨体から吐き出されるデスボイスとシャウトを生かし、DESURABBITSのステージをバックから支えるDJ兼スクリーマー。

 

<< DESURABBITS >>

2013年に美声歌姫の『EMI』(小6)、キレキレダンスのリーダー『YUZU』(中1)、おっとり癒しの最高峰『KARIN』(中1)と、運営兼パフォーマーにして空間をぶち破るスクリーマー『BUCHO』の4人で結成される。

11月13日に1stシングル「アイドルSTAR WARS」でデビュー。

2014年4月に2ndシングル「恋する季節」、7月に 3rdシングル「お祭りJAPAN!!告白Night」、9月に1stアルバム「第一次うさぎ大戦」と立て続けにリリース。音源のコンセプトとクオリティについてマーティ・フリードマン氏からも高評価を得る。

また3rdシングルは業界初”ラーメン付きCD”として発売され、おまけとは思えない味のクオリティの高さが話題となり、6000枚(食?)を超えるセールスを記録。

メンバー4人が繰り広げる茶番を交えた『笑劇パフォーマンス』は各所で評価を受け、1stワンマンライブを2015年5月渋谷club asiaで開催、チケットがSoldOut。2018年までに2枚のフルアルバム、8枚のシングルを発売する。

 

2019年は「BUCHO vs 少女3人」という茶番も(やや)卒業し、少女からオトナへと成長を遂げた新生DESURABBITSとして、「兎革命!」となるテーマを掲げ、さらなる第一歩を踏み出すことをメンバーの自身の言葉で発表。

同2月6日には、今~未来に向かってのメンバーの心情をキーワードに、この一年にかける意気込みを込めた先行配信シングル「卒業少女-未来絵-」をリリース。 3月20日には9thシングル「卒業少女-未来絵-」、ダブルA面曲にはリーダーYUZUが初センターの「でも、逃げんな」がリリースされる。