I LOVE MEN「ですまスプリング 〜そろそろ敬語を使ってみませんか〜」

(音楽はともかく) おいしいラーメンを追求した、即席麺(CD付き)です。 とんこつ醤油太麺です。の、おいしい作り方

大きめの鍋に570ccのお湯を沸騰させてください。

  • 市販の550ml、660mlのペットボトルを使うと水の量を計るのに便利です。
  • 大きな泡が出て来ても、見かけの沸騰で実際の温度は90℃前後です。 完全に沸騰するまで、大きな泡が出て来てから1分程待ってください。 インスタントラーメンは温度が命!
  • この時に、丼を温めるためのお湯も別の鍋で沸かしておくとGOODです。

準備ができたら音楽を再生します。

I LOVE MEN

作詞:小林哲也 作曲:小林哲也 大きめの鍋に570ccのお湯を沸騰させて 其処にMENを… 入れてください I LOVE MEN ×4 作り方はきちんと読んだ? 本当に今から食べちゃうよ? 私はこんなに求めてて 毎日一緒にいたいから あなたを絶対冷まさせない 必ず鍋には蓋をする 妄想想像止められない スキスキスキスキスッキスキ 泡が出ても偽物の沸騰 むやみやたらチラリ覗かないで もっと熱くもっと濃厚に LOVE MEN いつでも ちゅる ちゅる ちゅちゅ With You こんな女子じゃダメですか? MENの虜になったの 我慢が出来ない ちゅる ちゅる ちゅちゅ With Me 恋も食も欲張りたい お年頃そう私の我が儘叶えて I LOVE MEN ×2 2分経ったわMENほぐそう お箸は木製がいいよ! I LOVE MEN ほぐす時にも要注意! MENリフトはしちゃダメね! 冷めるから 朝も昼も夜も離さないわ 夢の中で今日も会えるのかな ほぐした後は蓋を忘れずに LOVE MEN お家で ちゅる ちゅる ちゅちゅ With You こんな女子はどうですか? MENをもっともっと知りたい 教えて欲しいの ちゅる ちゅる ちゅちゅ With Me 食べた後は踊るわ 清く正しく美しく極太MENです 茹であがるまであと少し 今日はどんな食べ方にしようかな・・・ ネギ チャーシュー タマゴ に柚子胡椒 音とリズムですすりのハーモニー インスタ用の写真は冷めないうちにね いつかやりたいLOVEMENリポーター 世界中に想い届けたい  LOVE MEN ちゅるちゅる ×6 いつでも ちゅる ちゅる ちゅちゅ With You こんな女子じゃダメですか? MENの虜になったの 我慢が出来ない ちゅる ちゅる ちゅちゅ With Me 恋も食も欲張りたい お年頃そう私の我が儘叶えて I LOVE MEN ×2 5分経ちました 茹であがりました I LOVE MEN 丼もお湯で温めて 添付のスープを鍋に入れて よく混ぜて スープ袋にお湯入れて溶かせ 丼に移す時は気をつけてね 具材のせてほらね I LOVE MEN 召し上がれ

「其処にMENを…入れてください」で麺を沸騰した

麺を入れたら必ず鍋にフタをしてください。 お湯の温度を落とさないための工夫です。 インスタントラーメンは温度が命!!

冬場などは液体スープの油脂が固まってしまう事も多いため、 鍋のフタの上でスープの袋を温めておくとスープの旨味を一滴も逃さずに味わう事ができます。

歌詞にもあるように、 むやみにほぐしたりかき混ぜたりするとお湯の温度が落ちてしまいます。 インスタントラーメンは温度が命!!!焦らず静かに待ちましょう。

「2分経ったわMENほぐそう」で麺をほぐしてください。

麺はお湯の中で、やさしくほぐしてください。 お湯から上に持ち上げる「麺リフト」は、温度が下がってしまうので厳禁です!! ほぐした後も鍋には必ずフタをしましょう。 インスタントラーメンは、温度が命!!!!

ラーメンがゆであがるまでに、具材、トッピングなど用意するのもいいですね。 体系を維持しながらおいしくラーメンを食べるために、 ゆであがるまでの時間はスクワットなどの運動もオススメです。 わたくしも実践しております。

麺やスープが冷めないようにゆであがる前に、丼をお湯で温めておきます。 インスタントラーメンは温度が命!!!!!

「5分経ちました 茹で上がりました」

でスープを鍋に入れよく混ぜてから、丼に盛りつけてお召し上がりください。

MOVIE

Coming Soon

です。ラビッツ-desurabbits

笑いあり、涙あり、おじさんあり、の総合エンターテイメント集団。 えみ・ゆず・かりんと、レコード会社勤務のアラフォー部長による異色のユニット。 「アイドル紛争時代を生き抜く為には、俺がたたねばならない!」 と勝手に思い込んだ部長が、アイドルを目指す3人を言葉巧みに騙し、2013年に結成。 アラフォーおじさんと対立するお年頃3人娘の壮大なストーリー。

oyama-sokusai

日本を代表する、インスタントラーメン評論家、30年以上毎日インスタント麺を食べ続け、 今までに食べた即席麺は1万食を超える。テレビ、雑誌などメディアへの出演も多数。 インスタントラーメンパッケージ収集家としても、膨大なコレクションを誇る。 です。ラビッツメンバーを、インスタントラーメンのプロフェッショナルに育てる師匠でもある。

  • TBS「マツコの知らない世界」
  • J-WAVE「アンジャッシュ渡部健のGOLDRUSH」
  • FM NACK5「夕焼けシャトル」
  • TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」など
  • 著書「即席麺カタログ」ほか

株式会社 五十嵐製麺

1949年(昭和24年)より60年あまりに渡って麺の製造・販売を行う。 喜多方ラーメンブランドを全国区に知らしめた立役者とも言われ、ご当地ラーメンブームを牽引してきた存在でもある。 「あの喜多方の、平打ち太麺」をはじめ、「喜多方自家製乾燥麺」「蔵のまちよもぎそば」「磐梯蔵づくり会津そば」など数々の麺で半世紀以上の人気を誇る。 飯豊山麗を眼前に望む恵まれた環境の中で選りすぐった小麦粉に飯豊山系のおいしい水を使い、 自慢の平打ち太麺の生ラーメン・低温熟成させた乾燥ラーメン、自然の風味豊かな乾麺など、腰のある麺が特徴。 「デスラビッツ」時代から、ラーメン付きCDのすべての麺は、五十嵐製麺で製造されている。